事前に対策をする

HDDの修理

データが消えてしまう前にパソコンの故障が前もって分かる場合は、ある程度事前にデータを失うことを防ぐことが出来ます。そのためには、ハードディスクやパソコンの取扱など注意が必要な点を知っておく必要があります。データが消えるパターンは主に2つあり、何の前触れもなく突然データが消えてしまう場合や、ハードディスクやパソコンに何らかの症状が現れ、症状が重くなることによりデータが消えてしまう場合などです。事前にハードディスクやパソコンに症状があった場合はデータが失われることを防ぐことが出来ます。また、故障の前触れにはいくつかの症状があります。パソコンの電源を入れても起動しない症状や、HDDやパソコンから変な音が出る症状、HDDの認識が無いなどがあります。その他にも、ファイルのアクセスが出来ない症状や勝手にシャットダウンしてしまう場合やハードディスクやパソコンから焦げたような異臭がする場合なども当てはまります。このような症状がすべて原因になるわけではありませんが、こうした症状があった場合には、専門の業者に見てもらう必要があります。

パソコンの故障もいつ何時起こるからわかりません。しかし、いくつかの点を注意することにより故障を少しでも避ける事が出来ます。精密機器ですから衝撃は与えないことはもちろん、高温や湿度の高い場所を避けることが大切です。また、静電気やホコリに気をつけ、CDやDVDの書き込み作業を行なっている際は、他の動作を行わないようにしましょう。やむを得ず強制終了をすることはありますが、これを繰り返すことによりハードディスクやパソコンには、負担が掛かりますから避けましょう。